【要約】投資の基礎!「バビロンの大富豪」7つの知恵を徹底解説!

ゆうき
ゆうき

こんにちは、ゆうきです!

今回は、お金の大学学長の「両学長」や、オリエンタルラジオの中田氏も絶賛した本「バビロン大富豪の教え」について要約してみました!

言わずと知れた、お金に関する歴史的名著です。

この本を読めば、お金持ちと貧乏人がどこが違うのか。どうやったら金持ちになることができるのかという事を学ぶことができます。

CHECK

・お金持ちになる方法を知りたい方

・これから投資をしたいと考えている方

・バビロンの大富豪について気になっている方

こんな方の参考になると嬉しいです!

バビロンの大富豪とは

原作は、ジョージ・S・クレイソンによって、1920年代に書かれました。

90年以上も欧米でロングセラーを続けている、まさに投資の教科書と呼べるものになっています。

バビロン王国を舞台に、ある貧乏な武器商人の少年(バンシル)がバビロン一の大富豪アルカドにお金持ちになる方法について伝授してもらい、実際に金持ちになるまでのストーリーとなっています。

最近では、漫画版も出ており、サクッと読めるのでおすすめです!

バビロンの大富豪の要約

バビロンど言う豊かな都市に住んでいながら、貧乏生活から抜け出せない戦車職人「バンシア」は毎日毎日朝から晩まで働いているのに貧しい生活を強いられていました。

日々、貧しい生活を送っていたバンシアは、友人の大富豪アルカドの知恵を授かりに彼のもとを訪れることを決心し、尋ねます。

「なぜお金持ちと貧乏がいるのか」

「どうしたらお金持ちになれるのか」

アルカドは、こう答えます。

「お金持ちはお金を持っているものではない、お金の増やし方を知っている者だ」

そして、富を築くための「黄金の七つの知恵をバンシア達に教えるのです。

黄金の7つの知恵紹介

大富豪アルカドのに富を築くための「黄金の7つの知恵」をバンシア達は授かります。

その「黄金の7つ知恵というのは、

  • 財布を太らせることから始めよう
  • 自分の欲求と必要経費とを混同するべからず
  • 貯めた資金は寝かさず増やすべし
  • 損失という災難から貴重な財産を死守すべし
  • 自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ
  • 将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかるべし
  • 明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし

この「黄金の七つの知恵」の教えを守ることで、バンシアは大富豪に変貌を遂げていきます。

ひとつずつ説明していきながら具体的な手法について説明していきます!

第一の知恵 財布を太らせることから始めよう

お金持ちになる第一歩としてまず「収入の10分の1を貯金する」ことが重要です。

アルカドは、卵売りだと語ったつつましい男に向かって言った。

「もしあなたが卵の籠に毎朝十個の卵を入れ、夕方に九個の卵を取り出すとしたら、やがてどうなりますかな」

「そのうちあふれるでしょう」

「なぜですかな」

「毎日取り出すよりも一個多く卵を入れるからです」

省略

「結構。ではまず、空の財布を太らす第一の知恵をお教えしましょう。今私が、卵売りの方にやってみるよう申し上げたとおりなことをおやりください。財布に十枚のコインを入れたなら、使うのは九枚まででやめておくのです。すぐに財布はふくらみ始めるでしょう。

バビロンの大富豪より引用

サラリーマンの生涯年収の平均は約2億〜3億と言われているので、十分の一を貯蓄に回せば2,000〜3,000万円を貯めることが可能です。

ゆうき
ゆうき

十分の一なら負担は少なくて継続できそうかも!

これなら、最近話題になった老後二千万円問題は貯蓄だけで解決できそうです!

第二の知恵 自分の欲求と必要経費とを混同するべからず

バビロンの大富豪アルカドは知恵を授かりにきた人達にこう尋ねます。

「みなさんの中で財布が薄かった方は何人おられましたかな」

一同は答えた。

「全員です」

「しかし、全員が同じ金額を稼いでるわけではありませんな。他の方より稼ぎがずっと多い方もいる。あるいは養わなければならない家族がずっと多い方もいる。ところがそのすべての方の財布だけは皆一様に薄かった。そこで一つ、人間とその子孫について驚くべき事実をお教えしましょう。私たちがそれぞれ必要経費と呼んでいるものは、自分で気をつけていない限り、必ず収入と等しくなるまで大きくなってしまうものなのです。必要な経費と自分自身の欲求とを混合してはいけないのです。」

バビロンの大富豪より引用

「人間の欲望には際限はない。」

今以上にお金を持てばもっと欲しくなるし、生活水準を上げてしまえば、さらに良い生活がしたくなります。

なので、「収入の10分の9でやり繰りする」というルールを設け、

収入の9/10のお金で叶えられない欲望は諦める、という事が大切です。

第三の知恵 貯めた資金は寝かさず増やすべし

これまで少しずつ蓄えてきたお金を次は働かせよと大富豪アルカドはいいます。

人間にとって財産とは、財布の中に持っている現金ではありませんぞ。しっかりした定期的収入こそが財産なのです。財布の中に絶えず流れ込み、いつも中身をふくらませてくれる金の流れこそが財産なのです。

省略

ごらんあれ、私のこうしたささやかな稼ぎが、”金の奴隷”の大軍を生むことになりました。その一つひとつが働いて、さらにまた金を稼いでくれます。その手元の親が働いてくれているうちにもその子供が、さらにその子供の子供も働いてくれます。それらの力を合わせた定期的収入のまとまりが大きなものになっているだけなのです。

省略

貯めた金は最後の一銭にいたるまで働かせること。さすれば畑の家畜のように仲間を増やし、あなたの財布には途切れることなく富が流れ込んでくるのです。

バビロンの大富豪より引用

「貯えた金に働かせる」を一言でいえば、「投資」です。

貯めたお金を人に貸したり投資をして利息や配当を得るということ

昔は銀行口座に預けているだけで金利が高く、資産は増えていたそうですが、現在では投資をする必要があります。

ゆうき
ゆうき

銀行預金でも「利息」は付きますが、すずめの涙ほどです。。

本書では「インデックスファンドへの投資が最も相応しい」と述べられています。

※インデックスファンドとは、特定の株式指標に連動した値動きをする投資信託のことです。

投資を始めるにあたっては、つみたてNISAや、iDeCoなどを活用して投資を始めてみましょう!

第四の知恵 損失という災難から貴重な財産を死守すべし

せっかく貯めて稼いだお金ですが、騙されるとあっという間に消えて無くなってしまいます。

そうならないように大富豪アルカドは「知恵のある人に相談することが大切」と教えてくれます。

健全な投資について、まず第一の原則は元本を確保することです。

省略

元本が保障されているところ、望むときに回収できるところ、適正な利息を徴収出来なくなる恐れのないところなど、こうした相手に投資対象を絞って、自分の財産を守ることです。

そのためには、知恵のある人間に相談すること。つまり、金を扱って利益を生むことに経験を積んだ人に勧告や助言をしてもらうことです。そうした人々の知恵を活用して、危険な投資から自分の財産を守ることが必要なのです。

バビロンの大富豪より引用
ゆうき
ゆうき

やっと増え始めたお金を失うのは嫌だ!

第五の知恵 自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ

家というものはただ住むだけのものではない。

住居は幸せな生活と密接に関わっており、その幸せは貯金を増やすモチベーションとなる。

住居への支払いは心を豊かにする投資と言えるのである。

漫画 バビロン大富豪の教えより引用

より良きところとはどのような場所でしょうか?

具体的には、

  • 職場から近い場所に住む
  • リラックスできる場所
  • 子育てしやすい場所
  • 料理がしやすいキッチンのある場所

などが挙げられます。

住居は「幸せな生活」と密接に関わっており、お金を貯めるモチベーションにもなります。

第六の知恵 将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかるべし

すべての人におすすめしたいのは、年老いてから財布が空っぽにならないよう、よく考えた賢明な方法で蓄えを準備しておくことです。

仕事で稼げなくなったときや、家族が大黒柱を失ったとき、財布が空っぽであるというこれ以上の悲劇はないのですから。

つまり、空っぽの財布を太らせる”第六の知恵”はこういうことでしょう

年老いてから必要な金と、家族を守るために必要な蓄えとをあらかじめ用意しておくこと、です。

バビロンの大富豪より引用

どんな人も、子どもから老年へと進んでいくもの。

それが人生の成り行きであり、そこから外れる人はいません。

ここさえきちんと押さえておけば、なにがあったとしても守りたい人の将来の安全が確保されます!

第七の知恵 明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし

いよいよ最後の「第七の知恵」です。

望みなければ、達成なし。強く、明確な望みを持つべし。たいていの望みというのは、単にぼんやりと『何かが欲しい』という程度のものです。ある人間が『金持ちになりたい』と望んだとしても、それは目的がはっきりしているとは言えません。『金貨五枚が欲しい』と望むのであれば、その望みははっきりした形を取り、実現に向けて努力できます。『金貨五枚が欲しい』という望みを、しっかりした目的意識を持って実現したとすれば、次には同様のやり方で金貨十枚を手に入れられるでしょうし、次には二十枚、やがては千枚となってゆくでしょう。そこまでくればもう立派な金持ちです。

バビロンの大富豪より引用

これまで6つの教えをあげましたが、最も重要なのは、「目標を掲げて行動する」ということです。

大富豪であるアルカドは知識は万人に対し平等であると説いています。

あとは、「行動する」か「行動しない」か。

少しずつ、まずは挑戦することから始めてましょう!

ゆうき
ゆうき

行動あるのみ!!

バビロンの大富豪紹介動画

冒頭でも触れましたが、「バビロンの大富豪」はお金の大学学長の「両学長」や、オリエンタルラジオの中田氏がYouTubeにて紹介動画を出しています。

お金の大学学長「両学長」の紹介動画
オリエンタルラジオの中田の紹介動画①
オリエンタルラジオ中田の紹介動画②

バビロンの大富豪 まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はバビロンの大富豪の「7つの知恵」について記事にしてみました。

世の中に”お金の知恵”と言われるものはたくさんありますが、これは紀元前から変わらない不変の真理なのでした。

ぜひ一度読んでみてください。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

\ ブログ村に参加していますのでクリックで応援よろしくお願いします! /

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA