【ファスティング】基礎知識・期待できる効果・やり方・注意点まとめ

ゆうき
ゆうき

ファスティング(酵素断食)って知ってますか?

今は飽食の時代と言われています。

油分を多く含む物や、塩分を多く含む物など、食生活は乱れがちです。

ファスティングでは、食べ過ぎた時や、体がスッキリしないなんていう時に行う事で、体の調子を整えることができます。

食生活を新しく見直すきっかけにもなるかもしれません。

こんな方にオススメの記事

・ファスティングに興味がある

・食生活を見直したい

・体内を一度リセットしたい

こんな方の参考になると嬉しいです。

ファスティングとは

近年、健康促進、ダイエット、エイジングケア、美容などの目的で行われるファスティングが脚光を浴びています。

健康促進や美容のために行われるファスティングでは、一定の期間、食事を摂らず、水、お茶、酵素ドリンクや酵素ペーストを飲んで過ごし、常日頃働いている消化器官を休める事により身体の調子を整えることができます。

ファスティングの効果

ファスティングによって期待できる効果はコチラ。

  • 消化に関わる臓器を休めて身体をリセット
  • 腸内環境が整う
  • 老廃物の排泄が促進され、身体の内側からスッキリ
  • 新陳代謝が活発になり、美肌に
  • 食生活の改善
  • 味覚がリセットされ、薄味でも満足できるようになる
  • 消化にエネルギーを使わないため、良い睡眠が取れる
  • ダイエット

ファスティングのデメリット

ファスティングを行う上でのデメリットはコチラ。

  • 「準備食」「回復食」を自分で作る必要があるため少し大変
  • コールドプレスジュースを買う際にはお金がかかる

準備食では動物性タンパク質を抜いた食事を作る必要があります。普段肉料理を食べている方にとっては調理しづらくなると思います。

動物性タンパク質を抜いた食事で満足感を得るためには「きのこ」を料理にたくさん使うことがポイントです!きのこは歯応えもしっかりしており、満足感を得ることができます。

もう一つのデメリットは「お金がかかる」ことです。今回私が使用する『FARMERS JUICE TOKYO』のコールドプレスジュースは3日分で23,000円かかってしまいます。

3日間で24kgの野菜や果物をジュースにして摂取するわけですから料金はそれなりの値段になってしまいます。

流石に高すぎる!と言う方は、まずは1日から始めるのもありかもしれません。

ファスティングのやり方・方法

ファスティングには色々な方法があり、1日のうち1〜2食を抜く簡単なものから、数日の間、固形の食べ物を全く摂らないものまで様々なやり方があります。

今回は数日間固形の食べ物を全く取らないファスティングを紹介します。

ゆうき
ゆうき

ファスティングの種類は様々!

数日間固形の食べ物を全く取らないファスティングでは、ファスティングを行う前と後に「準備食」「回復食」と言うものが必要になります。

具体的な日程はコチラ。

準備食1日目

動物性タンパク質・カフェイン・アルコール・脂っこい食べ物・砂糖を多く含んだ食べ物を避ける

準備食2日目

動物性タンパク質・カフェイン・アルコール・脂っこい食べ物・砂糖を多く含んだ食べ物を避ける

ファスティング1日目

酵素ドリンク・果物、野菜のコールドプレスジュース等を摂取しつつ、水を最低2リットル摂取する

ファスティング2日目

酵素ドリンク・果物、野菜のコールドプレスジュース等を摂取しつつ、水を最低2リットル摂取する

ファスティング3日目

酵素ドリンク・果物、野菜のコールドプレスジュース等を摂取しつつ、水を最低2リットル摂取する

回復食1日目

【昼食】重湯・具なしスープ等

【夕食】重湯・具なしスープ等

回復食2日目

【昼食】おかゆ・野菜スープ・蒸し野菜・湯豆腐等

【夜食】おかゆ・野菜スープ・蒸し野菜・湯豆腐等

ファスティングの期間

ファスティングの期間は目的などによって様々あります。

1日のうち1食を断食するファスティングから数日間固形物を食べないファスティングまで様々です。

  • 1日のうち1食のみファスティング
  • 1日間のファスティング
  • 2日間のファスティング
  • 3日間のファスティング

今回私は3日間のファスティングを行います。

ファスティングの注意点

ファスティングを行う上で注意することが4つあります。

  1. ファスティングできる体調であるかを確認する
  2. 水分補給をきちんと行う
  3. ミネラルの補給を行う
  4. 体調を観察しながら行う
ゆうき
ゆうき

解説していきます!

注意すること①ファスティング前に体調確認

ファスティングは成長期の子供や高齢者、持病がある方、妊娠中や授乳中の方、体重が異常に少ない方(成人男性で40kg以下/成人女性で35kg以下)には向いていません。

成長期の子供や妊娠中の方は、毎日さまざまな栄養を必要とするので、ファスティングは控えるほうがいいでしょう。また、高齢者や持病がある人は体に負担がかかるので、おすすめできません。

注意すること②水分補給をする

ファスティング中は水分の補給も大切です。1日1リットル以上、できれば2リットル程度の水や白湯などカフェインの含まれていないお茶で水分を補給してください。

成人では1日に2リットル以上もの水分が汗、尿、便、呼吸、皮膚からの蒸発で排出されると言われています。 私たちは通常食事からも水分を摂取していますが、ファスティング中は食事を摂らないため水分が不足しがちです。普段より多めの水分補給が必要です。 また、一度に大量の水を飲むと、尿として排出されてしまいますので、10回以上に分けてこまめな水分補給が大切です。

注意すること③ミネラル補給をする

ファスティング中はミネラルや塩分が不足しがちです。不足すると頭痛は倦怠感が起こる場合がありますので、塩分の補給が必要です。少量の自然塩や梅干しをなめたり、こんぶ茶などで塩分を補給しましょう。

注意すること④体調を観察しながら行う

ファスティング中に、頭痛・吐き気・めまい・肌荒れなどの症状があらわれることがあります。あまりに症状がひどい場合は無理をせず、ファスティングを一旦中断するほうがいいかもしれません。

体調のいい時に再度チャレンジしてみてください。

ファスティングに必要なもの

ファスティング(酵素断食)中は、栄養補給として酵素ドリンクまたは酵素ペーストと、こまめな水分補給が必要になります。

また、塩分補給として少量の自然塩や梅干し、昆布茶、などが必要になります。

ゆうき
ゆうき

ファスティングを行う時に準備するものはコチラ!

  • 酵素ドリンク又はコールドプレスジュース
  • 水分
  • 塩分

コールドプレスジュースについて

今回私は『FARMERS JUICE TOKYO』のコールドプレスジュースを使用してファスティングを行います。

材料は安心の国産有機栽培のものを中心に使用し、完全無添加で水・保存料・着色料・砂糖を一切使用していません。

ゆうき
ゆうき

安心してファスティングに集中できる!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ファスティングは固形物を食べないことによって体内の老廃物を出すデトックス効果が大いに期待されています。

身体を一度リセットしてみたい方にはオススメです。

気になった方も是非1日のファスティングから試してみてください。

私が行った実際のファスティングの様子も記事にしていきます。

最後まで読んでくださってありがとうございました!

\ ブログ村に参加していますのでクリックで応援よろしくお願いします! /

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA