【水筒にビール】「タイガー真空断熱炭酸ボトル」をレビュー。どこで買える?SNSの口コミも紹介。

ゆうき
ゆうき

こんにちは!

今回は、いつでも冷えた炭酸飲料を飲める画期的なタイガーの水筒「真空断熱炭酸ボトル」を紹介します!(もちろんお酒もOK)

最近かなり暑くなってきて、外でも冷えた炭酸飲料が飲みたい…という悩みを抱えていました。

そこで「炭酸水を入れられる水筒はあるのかな」と思い、調べてみたところ、Twitterにて「タイガーの炭酸ボトルで一日中冷えた炭酸水が飲める」と呟いていたので、これを試してみました。

タイガーの真空断熱炭酸ボトルは、2022年上半期ヒット雑貨部門で大賞受賞するほど大人気!

普通の水筒は爆発の危険があり炭酸飲料は入れられませんが、タイガーの真空断熱炭酸ボトルなら「ビールOK!」「ハイボールOK!」もちろん炭酸水やコーラも入れられます。

長時間炭酸を冷たいまま維持してくれるので、アウトドア、オフィス、自宅等、どこに行っても冷えた美味しい炭酸水を飲むことが出来ます。

結論から言うと、外で冷えた炭酸飲料が飲めるのは最高です。使い勝手も使いやすいように工夫がされていて使いやすいです。

今回はそんな「タイガー 真空断熱炭酸ボトル」の長文レビューを投下します。

【水筒に炭酸は最高】タイガー真空断熱炭酸ボトルをレビュー

これはめちゃくちゃ良いです。水筒に炭酸飲料を入れていつでも冷えた状態で飲めるのは最高

炭酸飲料は買って時間が経つとぬるくなって不味くなるのが普通でしたが、タイガー真空断熱炭酸ボトルなら冷えた状態で炭酸も抜けずに持ち歩ける!これは革命的です。

最近は炭酸水メーカーの「ドリンクメイト」で炭酸水を作ってタイガーの炭酸ボトルに入れて持ち歩いています。

私の体感だと約6〜8時間ぐらいは強炭酸のまま美味しい炭酸水が飲めました!(中身の量にもよるかも)

ゆうき
ゆうき

朝入れて昼過ぎ〜夕方ぐらいまで冷えてて美味しい!

スポーツ観戦や散歩に行く前に水筒にビールや炭酸飲料を入れて行くのもオススメです♪

キャップもシリコン製のストラップがついているので、落としたりする心配がなくて安心なのもグッドポイント!

【注意】タイガー真空断熱炭酸ボトルは「冷たい飲み物」専用なので、熱いものは入れたらダメです。

他にもタイガー真空断熱炭酸ボトルは口が大きいので、氷が入れやすい!

少し大きめの氷でもどんどん入れられるので、毎朝の準備が楽なんです。

ゆうき
ゆうき

毎日やることだから楽な方が時短にもなって嬉しい!

サーモスからも炭酸飲料を入れられるボトルが出ていますが、サーモスの炭酸ボトルは口が小さくて氷が入れにくいこともあるようです。

それでは、タイガー真空断熱炭酸ボトルを使って感じたメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

使って感じた「タイガー 真空断熱炭酸ボトル」メリット5つ

「タイガー真空断熱炭酸ボトル」を使って感じたメリットがこちら。

よかったところ
  • 見た目がオシャレでかっこいい(好みの色味にカスタマイズもできる)
  • とにかく外でいつでも冷えた炭酸飲料が飲めるのは最高(もちろんお酒は最強)
  • 注ぎ口が大きいので飲み物や氷が入れやすい
  • キャップにシリコンストラップが付いていて安心
  • 汚れや匂いがつきにくい構造

①見た目がオシャレでかっこいい(好みの色味にカスタマイズもできる)

ゆうき
ゆうき

タイガー真空断熱炭酸ボトルは見た目がオシャレ!かっこいいー!

ザラザラした質感で見た目はマットな感じ。どこに持って行っても違和感なく使えるのが嬉しいです。

カラーは3色展開です。左からカッパー、エメラルド、スチールの3色。

  • カッパー<DC>
  • エメラルド<GE>
  • スチール<KS>
引用:公式ページ

「もう少し色の展開があったら嬉しいなー」なんて思ってましたが、タイガーボトルサイト限定で自分専用にカスタムできるらしいです。

引用:公式ページ
ゆうき
ゆうき

4色の炭酸対応せん、4色の底ラバーから選べ、64通りのカスタマイズが可能!

②とにかく外でいつでも冷えた炭酸飲料が飲めるのは最高!(お酒もOK)

これは使ってみたら速攻でわかります。

最高です。

散歩、子供を連れての遊び、海、バーベキュー、キャンプ、試合観戦などにはマストアイテム!

その他にも、お仕事中にくいっと冷えた炭酸飲料を飲めばリフレッシュ出来てお仕事がはかどる事間違いなし!

炭酸の残り具合と保冷効果は6時間程度なら問題なく感じました。(中身の量にもよるかも)

③注ぎ口が大きいので飲み物や氷が入れやすい

地味に嬉しいのがこの「注ぎ口が広い」こと。

水筒って口が狭くて注ぎづらかったり、氷が引っかかって入らないなんてこと良くありますよね。

この悩みを「タイガー真空断熱炭酸ボトル」は解決してくれました。

注ぎ口が容量に関わらず4.8センチあるので氷も軽々入ります。

SNSでもこれについての口コミを発見しました。

ゆうき
ゆうき

注ぎ口が大きいのは洗いやすいし、いいことずくしです!

④キャップにストラップが付いているから落としたりせずに安心【なくす心配なし!】

このようにタイガー真空断熱炭酸ボトルにはキャンプにストラップが付いています。

ストラップがあるおかげでキャップを落として無くしてしまう事はまず無いでしょう。

そういう意味でも、アウトドアにピッタリの炭酸ボトルです。

引用:公式ページ

他にもストラップを持てば楽に持ち運びが出来るので、このストラップが結構便利でした。

⑤汚れや匂いがつきにくい構造になっている

引用:公式ページ

タイガー真空断熱炭酸ボトルはボトルの内側に「スーパークリーンPlus」が施されていて、汚れやニオイがつきにくい仕様になっています。

ビールやハイボール、その他炭酸飲料を入れても次使うときに匂いが残らないのは嬉しいですね。

実際にビールを入れて外出したんですが、使った後すぐに手入れをすれば匂いを感じることはありませんでした。

ゆうき
ゆうき

汚れや匂いが残りにくい上に炭酸も長持ちするなんて画期的!

使って感じた「タイガー 真空断熱炭酸ボトル」デメリット・注意点4つ

「タイガー真空断熱炭酸ボトル」を使って感じたデメリットがこちら。

気になったところ
  • ボトルは少し大きめ
  • 重量が気になるかも
  • 飲むときにキャップを抑えないと顔に当たる
  • 熱いものはだめ

①ボトルのサイズは少し大きめ(ひと回りぐらい大きい)

タイガーの真空断熱炭酸ボトルは一般的な水筒より一回りぐらい大きくなっています

例えば、サーモスの水筒と比較してみるとその違いがわかると思います。

タイガー
真空断熱炭酸ボトル
サーモス炭酸ボトル
500mlのボトルサイズ
幅 × 奥行 × 高さ
10.5×7.5×21.2(cm)6.5×6.5×24(cm)
サーモス参考

ですが、大きい代わりにタイガーの保冷能力はサーモスの水筒より優れています

タイガー
真空断熱炭酸ボトル
サーモス炭酸ボトル
保冷効力(6時間)8℃以下10℃以下
※ 保冷効力とは、室温20度±2度において、製品に冷水を満たし、縦置きにした状態で水温が4度±1度の時から6時間放置した場合におけるその水の温度。
ゆうき
ゆうき

少し大きくなるけど、保冷能力は抜群!

②普通の水筒より重め

サーモスの炭酸ボトルと比較してもわかるように少し重め。

タイガー
真空断熱炭酸ボトル
サーモス炭酸ボトル
500mlの本体重量290g200g
飲み物を満タンに入れた場合790g700g
ゆうき
ゆうき

超軽量の水筒を愛用している人には不向きかもしれません。

③飲むときにキャップを抑えないと顔に当たる

引用:公式ページ

ストラップが付いていてキャップをなくす心配が無い代わりに、写真のように抑えて飲まないとカップが顔に当たります。

量が少ない時はあまり気にならないのですが、少なくなってきて傾ける角度が大きくなってくると抑えは必須です。

しっかり抑えて顔面へのダメージを受けないようにしましょう。

④熱い飲み物はだめ。冷たいもの専用

タイガー真空断熱炭酸ボトルは冷たいもの専用

熱い飲み物は入れられません。

冬の出番は夏よりは少なくなってしまうかもしれませんが、炭酸飲料は冷えててなんぼなのでそれほど気にする必要はないかもしれませんね。

タイガー真空断熱炭酸ボトルは冷たいもの専用。熱いものは禁止です。

「タイガー 真空断熱炭酸ボトル」のサイズや種類、スペック、購入場所

タイガー真空断熱炭酸ボトルは、2022年1月から販売されている炭酸飲料を入れることができる水筒。

もう今では売り切れになるお店もあるほど大人気の商品になっていますが、私はイトーヨーカドーにて発見できました。

定価は一番小さいサイズ(500ml)が約6,000円。少し高いと感じますが、炭酸飲料をボトルに入れ、危険なく、炭酸も冷たさも保つ水筒だと考えれば妥当じゃないでしょうか。

ゆうき
ゆうき

炭酸飲料を入れられるから普通の水筒より割高なのはしょうがないか。

タイガー真空断熱炭酸ボトルのサイズや種類はこちら。

通常モデルカスタムモデル
サイズ展開4種類
0.5L、0.8L、1.2L、1.5L
4種類
0.5L、0.8L、1.2L、1.5L
カラーバリエーション3種類自分の好みに合わせてカスタム可能(64種類)
購入場所Amazon、楽天、Yahoo!などネットやイトーヨーカドウ等タイガーボトルサイト限定

「タイガー 真空断熱炭酸ボトル」SNSでの口コミ

SNSでも好評のようでした。

朝入れた氷もしっかり1日持つと言っている方も結構いるようなので、保冷効果は間違いなし

特に好評だったのが、散歩やスポーツ観戦の時に大活躍している方が目立ちました。

まとめ | 【水筒にビール】「タイガー真空断熱炭酸ボトル」をレビュー。どこで買える?SNSの口コミも紹介。

いかがだったでしょうか?

これまで紹介した「タイガー真空断熱炭酸ボトル」のメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • 見た目がオシャレでかっこいい
  • とにかく外でいつでも冷えた炭酸飲料が飲めるのは最高!(お酒もOK)
  • 注ぎ口が大きいので飲み物や氷が入れやすい
  • キャップにストラップが付いているから落としたりせずに安心
  • 汚れや匂いがつきにくい構造になっている

デメリット

  • ボトルのサイズは少し大きめ(ひと回りぐらい大きい)
  • 普通の水筒より重め
  • 飲むときにキャップを抑えないと顔に当たる
  • 熱い飲み物はだめ。冷たいもの専用

タイガー真空断熱炭酸ボトルは、保冷も炭酸保持もグッド!

さらには汚れや匂いも付きにくいから使い勝手も良い!

普段から外で炭酸飲料を飲む場合、かなりオススメの商品です。

是非一度使ってみてください!

私が使っている炭酸水メーカー「ドリンクメイト」についての記事もありますので、参考にしてみてください。

\ ブログ村に参加していますのでクリックで応援よろしくお願いします! /

PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA